Django dumpdata json output

概要

Django の manage コマンドに dumpdata , loaddata がある。 開発環境で既に入力された設定データなどを本番環境に持ってくる時や有用 テストデータを用意する時に使える。

musqldump でいいじゃないかってのはあるのですが、全部のデータは不要で、○○ モデルに登録された設定データが必要って時がある。

コマンド

出力

python manage.py dumpdata {app名.model名} --format=json --indent 2 > {ファイル名}

ロード

python manage.py loaddata {ファイル名}

出力

python manage.py dumpdata myapp.post --format=json --indent 2 > myapp.post.json

ロード

python manage.py loaddata /home/hoge/fuga/myapp.post.json
arrow_back

Previous

AWS DataPipeline でsjisからutf8に変換してgzipで圧縮したい

Next

WordPress CloudFront settings
arrow_forward