AWS CLI datapipeline で既存パイプラインのダウンロードとアップロード

使用バージョン

  • "awscli": 1.16.70

awscli の設定は出来てることが前提

既存パイプラインのダウンロード

df から始まる pipeline-id を指定する。

  • command line
aws datapipeline get-pipeline-definition --pipeline-id df-hogehoge0123456 > hoge.json

パイプラインの作成

aws datapipeline create-pipeline --name pipeline_test --unique-id hoge
{
    "pipelineId": "df-hoge0123456"
}

パイプライン定義のアップロード

validationErrors などからの場合アップロードの成功

fileb://hoge.json fileb://でマルチバイトでも文字化けしない WebのAWSコンソールからのアップロード、 file:// だと日本語のコメントなどcommandやscriptにある場合、文字化けする。

aws datapipeline put-pipeline-definition --pipeline-id "df-hoge0123456" --pipeline-definition fileb://hoge.json
{
    "validationErrors": [],
    "validationWarnings": [],
    "errored": false
}

参考

arrow_back

Previous

Redshift public schema 以外 dist_key sort_keyを確認する。

Next

PythonでFileMakerDataAPIにアクセス
arrow_forward